さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2008年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

宮城野萩

完全犯罪ですっかり花芽がなくなっていた萩。
二度目の花芽をつけて、小ぶりながら健気に咲いてくれました。

ミヤギノハギ (宮城野萩) 学名:Lespedeza thunbergii 科名:マメ科 宮城県の県花。
e0057640_13424381.jpg
e0057640_1342547.jpg



今夜、徳永英明さんのコンサートに行きます。〝おつとめ〟の時の友人二人と三人で出かけます。友人二人とも徳永さんのファンです。楽しみ♪~
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-30 13:47 | ヴェランダの植物

コスモス日記 7

こんなふうに咲くはずでした。
e0057640_2046519.jpg
                                        (イメージ画像)・・笑

でも我が家のコスモスは強風が吹いた8月のある日、逝ってしまいました。
根っこがちゃんと張っていなかったのですね。
支え棒もむなしく、土がえぐられ、ある朝ひからびてしまっていました。

>当地、荒川土手のコスモス街道も、そろそろにぎやかになります。
J子さんのコメントで思い出しました。

9月14日、聖トマス大学で出会った、PICAさんからも、「どうなった?」と訊かれて、「それが・・・」と話していて、報告をしなkれば・・・と思っていたのに、何だか気恥ずかしくて・・・。
ごめんね。コスモス。メンテナンスが悪かったのよね。
天国で花開いていることを願っています。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-29 20:53 | コスモス日記

アイヴィー・ゼラニウム

 急に気温がさがりました。今日は一日薄曇です。
e0057640_1628591.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-28 16:29 | ヴェランダの植物

長月の雲

巻積雲(けんせきうん)です。絹積雲とも書くそうです。魚の鱗ににているところから、鱗雲とも。
俗称である鱗雲・いわし雲・さば雲はどれも秋の季語。
e0057640_1137128.jpg

※ 長月は陰暦で9月のこと

「空の名前」という本を買いました。
〝ゆきあいの空〟のことが載っているかと思ったのですが、載っていませんでした。というか、直接的には空の名前とかは青空、東雲、曙、黄昏、夕映え、茜など、誰もが知っているような名前だけで、後は、雲の名前とか雨の名前とか・・・ちょっと期待はずれでしたが、それは私が思っていた本とは違ったということで、これはこれで美しい写真で楽しめます。
e0057640_1139120.jpg=目次=
1.雲の章
2.水の章
3.氷の章
4.光の章
5.風の章
6.季節の章
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-27 11:49 |

ゼフィランサス

ゼフィランサス 学名:Zephyranthes candida 科属名:ヒガンバナ科ゼフィランサス属
和名:玉すだれ 別名:レインリリー

レインリリーといわれる所以は、雨が降った翌日に花が咲きやすいところにあるようです。
e0057640_17304311.jpg

1本だけポツンと咲いた後、咲く気配がなくて、今年はもう咲かないのかと思っていたら、こんなに咲いてくれました。ありがとう♪~

※明日、高橋哲哉さんの講演があります。詳細はコチラ http://tokinet.exblog.jp/
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-26 17:35 | ヴェランダの植物
赤い秋・・・
e0057640_16101337.jpg
e0057640_16103253.jpg
e0057640_16112482.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-25 16:13 | 植物園・他の植物

ランタナ

 一昨年、丹波のお菓子の里で買ったランタナ。珍しく夫が買いました。
ランタナLantana 学名:Lantana camara 科名:クマツヅラ科 和名:七変化
e0057640_1275531.jpg
ガリラヤ湖畔で背丈ほどにもなったランタナを見たことがありました。大きくなるものですね。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-24 11:32 | ヴェランダの植物

完全犯罪!?

 『容疑者Xの献身』の東野圭吾や、還暦過ぎて文壇デビューした『氷の華』の天野 節子などの推理小説ではありません。
 我が家の萩の話です。犯人がわからないのです。完全にヤラレテしまいました。ある朝異変に気づいて、でもすぐにそれがどういうことか解らなくて、しげしげと萩を見やって、
「ナイ!ナイ!ナイ!花芽がナイ~ッ!
e0057640_13331378.jpg ウソでしょ!?こんなことって!
 我が家の萩はベランダの手すりをはるかに越して、大きく立派に成長しています。これは白萩ですが、宮城野萩もこれに劣らす大きくなっています。花芽も各枝にぎっしりとついて、この季節を楽しみに待っていたのです。ところが・・です。花芽が完全に食べられているのです。風なら床に片鱗が落ちているはず。誰かに食べられたのです。犯人は誰?ナメクジ?歩いた痕跡全く見つかりません。彼は必ずといっていいほど、証拠を残していきます。葉の裏を見ても、根元から枝の先までくまなく探しても虫らしきものも見つかりません。鳥?かぼそい枝にとまれる?ハミングバードのように羽を絶えず動かしながら、貪った?
まさに、ミステリーゾーンです。

あまりの落胆に同情してか、満身の力を振り絞って、二度目の花芽を付けてくれました。↓
小さな、数の少ない花芽です。この4~5倍の花芽の穂でした。自身が一番悔しいでしょうに。萩よ、健気なお前が愛おしい。
e0057640_13501019.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-23 13:50 | ヴェランダの植物

Saint Exupéry

Saint Exupéry
e0057640_1726495.jpg
e0057640_17271157.jpg
e0057640_17272510.jpg
e0057640_17273781.jpg


撮影時間によって色が違いますね。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-21 17:35 | ヴェランダの植物

フジバカマ

藤袴(ふじばかま) 学名 :Eupatorium fortunei 科名:菊科
e0057640_2354421.jpg
先日、ターシャ・テューダー展に行った折に、心斎橋大丸の屋上にある、バラクラ・イングリッシュガーデンのショップで・・・。
もう、そんな季節なんですね。やっぱり。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-09-20 23:08 | 植物園・他の植物