さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

e0057640_23234768.jpg

島熊山に沈む夕日。2007年12月31日午後4時51分。
明日は雪になるかも・・・です。

今年もこのブログでたくさんの方と出会い、お話をさせていただきました。
ありがとうございました。
来る年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-31 23:27
 今年も残り僅かになりました。
 この1年間で、事故や事件、災害等で亡くなられた方の永遠の安息をお祈りいたします。
 薬害肝炎訴訟で闘ってこられた方々に一筋の明かりが見えてきました。でも、事件、事故、医療ミス、災害etc.の後遺症等で苦しんでおられる方々がまだまだたくさんいらっしゃるでしょう。
 流行語にノミネートされた言葉に、ワーキング・プアというのがありました。
中学生の頃に愛読していた「一握の砂」という石川啄木の歌集に
「はたらけど はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざり ぢつと手を見る」
という歌がありましたが、まさに今の言葉で表せばワーキング・プアですね。
 先日も、NHKで特集をしていました。コンビニの前のゴミ入れからコミック雑誌を拾ってそれを売り、それでその日の食事にありつける・・・。30代前半の若者でした。幾つかのパートとアルバイトを掛け持ちしながら、子どもを育てているお父さん、お母さんの姿もありました。資格を取りたくても勉強する時間もお金もない若者もいました。また資格をとっても時給がわずかにUPするだけの人もいました。格差はますます大きくなっていくようです。
 TVのニュースでナショナルトレセンの完成が報じられていました。
総工費約210億円でほか用地購入費用なども含めた総事業費は約375億円だとか・・・。
トップクラスの一部のスポーツ選手のためだけに・・・。(怒)
 外国人登録法に関わった時から、さまざまな社会問題に目を向けるようになられた一人のシスターがいらっしゃいます。その彼女が「釜ヶ崎キリスト教協友会」協友会通信67号に、とても分かりやすく憲法25条のことを書かれていますので。ここに彼女の了解を得て、ご紹介します。

 憲法第25条 
1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2. 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

憲法と釜ヶ崎 -人のいのちの尊厳は守られているでしょうか-
                                聖母被昇天修道会 マリア・コラレス

 わたしは、この世で一番価値のあるものはいのちだと思っています。ただ生きているだけではなく、豊かに生きること、人間の尊厳が大切にされ人権が守られているいのち。
 戦争がはじまると価値はいのちではなく勝つことになります。仕方がないので殺すことになり、こちらが殺されたらそれは英雄になり靖国神社にまつられます。しかし、国にいのちを献げたから価値があるのではなく、いのちそのものに価値があるのです。
 憲法9条のもと戦争をしないことは大切ですが、それだけでいのちが大切にされているとは言えません。貧しい人たちの世界では、いのちが大切にされていません。日本で言えば憲法25条(国民が健康で文化的生活を営む権利と、国はそうあるよう努める義務を規定している)が守られていません。
 いま世界で死んでいく人は、貧しさのために死ぬ人の方が、戦争よりずっと多いのです。飢えや水、病気では薬がないために死んでいくのです。こんなにも生命が粗末にされていることに、みんな気付き、もっと声を上げなければなりません。
 アフリカなどを考えるだけでなく、わたしたちの近辺、足もと釜ヶ崎にも目を向ける必要があります。仕事がなく食べられず、病気になっても治療できず、若いのに道端で死を迎える人がいます。
 憲法9条のおかげで60年間、日本人は戦争で人を殺すことも殺されることもありませんでした。しかし、憲法25条があるのに、残念ながら、飢えのために死んでいく人々がたくさんいます。
 日本人は一見いのちを大切にしているように見えます。ある日、テレビを見ていたら岩に引っかかって2日間も身動きできない犬のことを放映していました。いのちが危ないと言って、消防署のレスキュー隊が、網で犬を救いにやってきました。その場面をたくさんの市民が見ていました。やっと犬が網で救いだされると、見ていた市民たちからは歓声が上がりました。「かわいそうに」「よかった」。
 しかし、長居公園では世界陸上のために海外からたくさんのお客さんが来るので、公園にテントがあっては見苦しいと、生命を守るテントにしがみつく人たちを、大阪市の職員たちが引っ張り出すことに、人々は無関心でした。
 長居公園の追い出しが終わったあと、大阪市長は言いました。「今日から安心して憩える公園になりました」。その夜テントから追い出された人たちは、貰った毛布にくるまりベンチで寝なければなりませんでした。誰が安心したのでしょうか。テントを追い出された人たちは、いのちの危険にさらされてしまったのです。
 わたしは釜ヶ崎の悪条件のなかで、強く生きようとする沢山の人々から、生きる大切さ、いのちの尊さを教えられています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-29 22:11
e0057640_23105531.jpg
fleuriste magasin pousee の浦沢美奈さんが撮り下ろされたお花の写真と、花を贈られる人のエピソードなどが素敵に綴られた一冊です。
温かいミルク・ティーをいただきながら、ページをくると、上等の時間が流れるようです。

Amazonさんからくるのは大抵、夕方遅い時間です。それと、かなりのおじいさんペリカンです。他の荷物はクロネコが多いです。それと、時間指定がないときと午前中指定のときは、たいがい朝早い時間です。若いお兄さんかお姉さんのクロネコです。いえ、それがどうってわけでもないんですが、なんだかペリカンさんを必要以上に労ってしまいます。もしかして、おじいさんに見えているだけでそれほどでもないのかも知れないけれど・・・。

表紙のお花が載っているページは・・・
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-27 23:32 | 本(ジャンル不問)
岩国市長の井原さんが辞職願を出されたと、午後7時のNHKニュースで・・・
e0057640_23122236.jpg
「これ以上、無益な争いを続けて 市民に迷惑をかけることは出来ない。
 私の首と引き換えに大切な予算を是非とも市民のために通してほしい・・・」
との意向でしたが、
結局、補正予算案は市議会で否決されました。

痛々しい・・・

  
(27日加筆)
 総務委員会では可否同数になり委員長採決で否決されたが、井原さんの〝首と引き換え〟に、本会議では、修正案が出され成立したようです。
 詳しくは井原さんのHPをごらんください。
 http://www.ihara.org/

 22日の「消えた鎮守の森」上映会で、西山監督さんが撮られた、「岩国の仕打ちに怒りの1万人集会 in 錦帯橋」における映像でお元気そうに挨拶をされている井原さんの映像を拝見したばかりでした。
 民意を問うために、また選挙に出られるようですが、下記のの動画のように、もう一度元気になられるように祈り、応援しています。


e0057640_23284234.gif
12月6日に福岡の友人から届いた転送メールです。
岩国1万人集会の動画をジャーナリスト会議広島支部のホームページに掲載しています。
 集会ドキュメントと井原市長のあいさつです。どうぞご覧下さい。
http://www.jcj.gr.jp/~hirosima/page025.html
  
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-26 23:25 | ニュース・新聞記事から
e0057640_1761491.jpg 去る12月22日(土)、朝からの冬の冷たい雨は午後になっても降り続き、そのような足元が悪い中を「消えた鎮守の森」の上映会に足を運んでくださった方に感謝!です。参加者は30名余りと少ない人数でしたが、弱小グループの企画としてはまずまずのものだったでしょうか。
 人数は少なかったものの、参加者たちは3時間の間、休憩もなしで、西山監督さんの熱い思いに耳を傾け、「消えた鎮守の森」に見入っていました。
 サプライズだったのは、このドキュメンタリーに出演されている自治会の方も会場に来てくださったことでした。これは実行委員会のスタッフも知らなかったことで、西山監督さんからの紹介で初めて知りました。ただ、受付の前を通られた時に、「今の人、あの人に(ちょうど、画面にアップで映し出されていたところでした)似ているね」と話していました。まさに!その人だったのです!
 映画の内容については、このブログのカテゴリ、「映画・DVD・・」のところを見ていただければ、以前、北千里で上映された時に載せています。また、「消えた鎮守の森」或いは「ドキュメンタリー 西山正啓」などと入力して検索されたら、多くの情報が得られます。
 下に、絵本のようなかわいい絵(ポストカード)がありますが、これは東京在住のY.Aさんが制作されたものです。この売上金は岩国の新市庁舎募金のためのカンパとされています。
 この絵をよく見てください。森の動物達と共に、笑顔で相撲をとっている子供たちの姿があり、それを見ている子供たちも笑っています。桜も笑っています。岩国の市民は、かつてあったこのような情景を再びよみがえらせたい。そう願っているだけなのです。運動家、活動家と呼ばれる人たちが、自分たちの運動のためにこぶしを振り上げてシュプレヒコールを繰り返すのとは違って、「こどもたちに平和な未来を!」「穏やかだった日々を取り戻したい!」そんな切なる願いを込めた魂の声なのです。
 この絵は、そんな思いと願いを込めて製作されたドキュメンタリー「消えた鎮守の森」を如実に物語っています。
e0057640_20232436.jpg
「桜の満開の下、人々は子ども相撲大会に歓喜した。かけがえのない日々がそこにあった。」

*************
「米軍再編・岩国の選択」「消えた鎮守の森」につづくシリーズ第三弾!「貧者の一灯」~子どもたちへ語りつぐための闘い!が、まもなく全国を駆け巡ることになるでしょう。
e0057640_20234413.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-26 17:11 | 講演会・集会の情報&報告

クリスマス

クリスマスおめでとうございます! 

 昨日の朝日新聞「声」欄に、「ケーキの代金寄付する店を」というタイトルの投稿者がいました。
 クリスマスケーキでも予約しようと、洋菓子店をのぞき、種類の多さ、値段の高さに驚いたところで、以前に映画で見たフィリピンの貧しい子ども達がゴミの山の中から、廃品を回収して暮らしている姿を思い出されたらしい。「病院も学ぶ場もなく、食事にも事欠く彼らは、敬虔なクリスチャンであるが、クリスマスケーキなど、見たこともなかろう。たちまちケーキを買う気がうせて、浮かれている自分に嫌気がさした。そうだ、ケーキを我慢して、その分のお金は、アジアのこどもたちへの募金にまわそうと思いついた」と書かれている。そして、「『売り上げの一部を世界の貧しい子どもたちに寄付します』というケーキ屋さんはないだろうか。そんなケーキ屋さんが、日本中のどの町にも一つずつあれば、どんなにすてきなことだろう。」と結ばれていました。
 私が子供の頃、クリスチャンの家庭でもなく、また今のようにケーキが日常的にいただくような時代でもなかったにもかかわらす、我が家ではクリスマスといえば、上等のケーキを父が持って帰り、切り分けるのが、5人兄弟の末っ子であった私の役目だったことを思い出します。
 学生時代に洗礼を受け、今年のクリスマスで38年になります。結婚して子どもが生まれ、子どもたちが幼稚園から小学生にかけて、一時期、修道院のクリスマスミサに与っていたことがありますが、そこではミサ後にうどんが振舞われていました。子どもたちもそれ以上のご馳走を欲しがるわけでもなく、それ以来、我が家では、クリスマスだからといって、ご馳走をするわけでもなく、ケーキを買うわけでもなく、とても地味~なクリスマスを過ごしています。私は洗礼を受けた頃の思いを振り返りながら・・・。

e0057640_16523623.jpg 23日に待降節第4主日を迎え、ローソクが4本になったところで、昨夜はクリスマス・イブ。夕刻のミサの前の聖時間に、幼子イエスが飼い葉おけに寝かされ、子どもたちが奉納したローソクの光が幼子イエスを照らしています。今朝もクリスマス・ミサに与り「地に平和」を祈りました。
 世間では、すっかりクリスマスの飾りつけも姿を消し、お正月の飾り物に姿を変えますが、教会では来年の1月6日(公現の祝日)頃まで、クリブなどはそのままです。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-25 16:54 | ニュース・新聞記事から
クリスマスのおくりもの  ジョン・バーニンガム作/長田弘訳
e0057640_23292142.jpgクリスマス・イブのよる。
おじいさんサンタとトナカイたちは、
すっかりくたびれて、うちにかえってきました。
なにしろ、せかいじゅうのこどもたちに、
クリスマスのおくりものをとどけてきたのです。
やっとやすむことができるとおもったら、
ふくろのなかに、まだひとつ、
おくりものがのこっているではありませんか! 
おじいさんサンタは、
e0057640_2330320.jpgなんとかして、クリスマスのあさまでに、
ロリ―・ポリー山まで、
おくりものをとどけることにしました。
はたして、まにあうでしょうか……。
e0057640_23303677.jpg









バーニンガムさんはじめてのクリスマス絵本です。

あなたのところにはサンタさんはきましたか?

甥の子どもたちへのプレゼント
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-24 23:03 | 絵本・児童書

紅玉で・・・

アップルケーキを焼きました。美味しそうでしょう?美味しいんです!
ヨーグルトも入ってヘルシーなケーキです。
e0057640_23305635.jpg

先月末に埼玉のJ子さんから、大好きな紅玉が届きました。
先ずは新鮮なうちに丸かじり。美味しかったです。
e0057640_23311565.jpg

紅玉といえば目がない(お菓子を作ろうと思って買ってきても、いつの間にか数が減っている)二男のところに半分送って、後は、りんごのフリッターにしたり、(シナモンシュガーをふっています)
e0057640_23313476.jpg
リンゴとレーズンを砂糖で煮てシナモンで味付けをして(って、これJ子さんのコメントからいただき!)ヨーグルトに入れたり・・・
e0057640_23315755.jpg
存分に味あわせていただきました。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-21 23:35 | お菓子

リサとガスパール

e0057640_1803619.jpg
e0057640_1804848.jpg
e0057640_180594.jpg

今年もそんな季節に…
梅田阪急で・・・
[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-20 15:53 | 携帯電話で・・

ブラック・ティ

やっとここまで開きました。
今日は待降節第3主日
e0057640_15312176.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-12-16 15:32 | 植物園・他の植物