さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

旅する絵描き -パリからの手紙/伊勢英子・作 平凡社

e0057640_20183765.jpg  窓のすぐわきに小さな扉があった。人ひとりがやっと通れるくらいのガラス戸で、窓と同じく質素だから郵便配達以外、誰もここが入口だなんてわからないだろう。何かメモのようなものが貼ってある。ぼくはのぞいてみた―「ワタシハ、イカナル商業的本モ買ワナイ、売ラナイ」―そして、平日は9:30-17:00、水曜日は9:30-12:00、とある。ここは本に関する工房なのだ。この人は本を造っているのだろうか、まさか、この何でも機械でできる時代に、ITの時代に一冊ずつ手造りで?それとも本の修復をやっているのだろうか。
 もう一度扉の紙片に目を移す。Relieur-Doreur A.M.とあった。ぼくは急いで辞書をめくった。Relieurは製本屋、造本屋。Doreurは金箔師、金の型押しで文字や装飾を手作業で造る職人のことだ。

 ぼくはもっともっとおじさんのこと、Relieurの仕事のことを知りたいと思った。この、人の心を包みこむような空気はどこからきているのだろう。

 ぼくは自己紹介がうまくできない(フランス語は発音がむずかしい)。だから、旅のスケッチ帖を見せたんだ。言葉は通じなくても描いたときの気持ちや空気は絵から伝わるはずだ。おじさんの眼がまた鋭く光った。そして、ぼくの歳くらいのとき、おじさんも絵描きになりたかったんだ、と言った。
 戦争がおじさんの夢を別の形に変えた。おじさんはお父さんの工房で働き、その仕事を受けついだ。今では自分の息子にも教えながら、外国から何人もの弟子入りがあるほど、パリでは数人しかいない最後の「手仕事」の人となった。 (「旅する絵描き」本文より抜粋)
 

 「Yよ、元気かい。ぼくは今パリにいる。パリのアパルトマンでこれを書いている。おどろかせてすまない。東京の下宿でもなく旅先のカフェでもない、異国のアパルトマンで手紙を書いているんだからね。自分だっておどろくよ。」
そんな書き出しで始まる〝ぼく〟は著者。
恋人(?)に手紙を書くという形式をとりながら、この物語はすすんでいく。

 「ぼくは、すごいモチーフにつかまってしまったらしい。美しい風景でも流れる雲でもない。前に描いた枯れたひまわりの群生でもないよ。窓だ。なんのへんてつもない窓なんだ。」

 〝ぼく〟の気を惹いた窓のガラスの向こうには、金箔の文字や装飾をほどこされた色とりどりの本と、何か手作業をしている美しいたたずまいの老人の姿があった。そこで、このページの冒頭にあるように扉の前に立った〝ぼく〟と老人の出会いがあり、絵本「ルリユールのおじさん」が生まれることになる。  
通りすがりに心惹かれた窓、とうとうアパルトマンを借りてまで、ルリユールの仕事ぶりをスケッチする著者の思い。老人との洒落た会話。パリの風景。「ルリユールおじさん」の未公開スケッチもたくさん収録されています。

 「『ルリユールおじさん』を買った人は、この本も買っています。」って、Amazonではないけれど、(そう、Amazonて一度、本を買うとこんなおせっかいなメールがきたりするんですよね。)おすすめしたい本です。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-30 20:16 | 本(ジャンル不問)

St.cecilia 10月29日

セント・セシリア(St.cecilia)の秋咲きは今までよりミルラの香りが強いようです。
この花色からは想像がつかないかもしれない、スパイシーな香りです。
e0057640_14124285.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-29 14:13 | 植物園・他の植物

秋の花火

昨夜、近くの女子大の学園祭の終了を告げるチョットしょぼい(シツレイ!)打ち上げ花火が・・・。
秋の夜空に輝く花火もいいものですね。♪~

e0057640_1462733.jpge0057640_1463650.jpg
[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-29 14:09

セージの仲間

秋の昼下がり、ヴェランダの陽だまりにやさしい時が流れています。
ボックセージと一緒にいるのは誰?調べてもはっきりした名前がわかりません。セージの仲間としか・・・。
もしかしたら、アンソニー・パーカー・セージ?(メキシカンブッシュセージとパイナップルセージを掛け合わせた丈夫な品種で、花は濃い紫の大型のサルビア。)
e0057640_1458556.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-27 14:58 | 植物園・他の植物

杜鵑草 (ほととぎす)

きれいに並んで咲いています。たくさんの蕾もつけて・・・。

学名:Tricyrtis hirta 科属名:ユリ科ホトトギス属
 
e0057640_16114869.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-26 16:12 | 植物園・他の植物
 風景、音楽、絵画、本・・・
 当たり前のことかもしれないけれど、どれも、その時に出合った人の心の状態で感じ方が変わってくるものかも知れない。改めてそう感じるのは「ルリユールおじさん」を読んだ後、思い出したように本棚から探し出してきた「1000の風1000のチェロ」を読んでのこと。
 4年前に読んだ時には、私の中で、数ある震災をテーマにした本と同じ並びだった。何だか、とてもサラッと書かれて(描かれて)いて、きれいごとのような気がした。(とはいえ、斉藤隆介ばりの〝やさしさ〟を押し付けるような本でないことは救いだったけれど・・・)
 いせさんも大震災から2ヵ月後の神戸の街を歩かれたのだった。私も数週間後の三宮を、まだ焼けた臭いのする街中を歩いた。それは映像では決して分からない体験だった。でも、記憶は薄らいでいく。

忘れてはいけない風景は 描けないのではなくて
描いてはいけないのかもしれない
描くことで 安心してしまうから
目と手が記憶してしまったあと
どこかにしまい忘れることもあるから (あとがきより)


 いせさんは、あとがきで「風景は断片になって 描かれることを拒否しているようだった はじめてスケッチ帖を白紙のままで帰った旅だった」と回顧している。
 描けなかった風景だけれど、その部分は写真を使って、〝やさしい〟絵本が出来たのは、3年後の春に神戸から1通の手紙が届いたのが始まり。それは阪神淡路大震災復興チャリティーの「1000人のチェロ・コンサート」への参加の呼びかけだった。そして、彼女は1000人の中のひとりになった。

1000の風1000のチェロ/いせひでこ・作 偕成社e0057640_0223622.jpg
少年が通うチェロの教室にあたらしい生徒が入ってきた。少年よりずっと難しい曲を弾くその子は、怒っているような弾きかたをしていた。少女は神戸から引っ越してきたのだった。

ぼくはまだ、グレイのことがわすれられないでいる。グレイがいなくなって、まいにちないてばかりいたぼくに、とうさんがかってきてくれたのは、あたらしいいぬじゃなかった。このチェロだったんだ。


チェロをかかえたたくさんの人が大きな建物の中に入っていく光景をみた二人は吸い込まれるように建物の中に入って行き、それが「大震災復興支援コンサート」で、誰でも参加できることを知って、参加の申し込みをする。そこで出会ったおじいさんと二人は、練習の帰りに公園によって語りあった。

e0057640_026788.jpg―あのひ、いっしゅんにして、わたしたちのまちも、いえも、かぞくも、ともだちも、かたちのあるものも、ないものも、みんなこわれたんだ。60ねんもともだちだったたいせつなチェロも……。
これかい?このチェロは、あのじしんでなくなった、おんがくなかまのかたみなんだよ。

―みんな、がっこうのたいいくかんやテントでくらしたの。
どうぶつまでめんどうみられないって、なきながら、いぬやねこをてばなしたひともいたの。
わたしは、あのこたちをそらにかえしてあげた。フロル、ピノ、ミント……、みんな、やけのはらにとびたっていった。でも、あれでよかったのかなって、いまもかんがえる。

こうべでひらかれるコンサートにでたいって、おとうさんにいおう。チェロのせんせいにもはなしてみよう。

―きょうきみのおとが、いつもとちがっていたわけがわかったぞ。
ぼくがしえんコンサートのことをはなすと、せんせいはにっこりわらってそういった。

あのこのチェロのひきかたもやさしくなった、とぼくはおもった。


それぞれに抱える喪失感。その原因はちがっても、お互いの心が共鳴してチェロの音色になり、人々の心に届く風になる。そんな物語。「ルリユールおじさん」に共通する本物の〝やさしさ〟を感じた。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-25 00:35 | 絵本・児童書

ルリユールおじさん

ルリユールおじさん/いせひでこ・作 理論社

e0057640_2212275.jpgRelieurとは、フランス語で「本を綴じ合わせる技術」の意味で、製本、装幀の手仕事のことをいう。

これは植物図鑑がバラバラになるまで読み込んだ小さな女の子と、ルリユールのおじいさんとの出会い。心の共鳴の物語です。

本やさんにはあたらしい植物図鑑がいっぱいあった。でもこの本をなおしたいの。
「そんなにだいじな本なら、ルリユールのところに行ってごらん」
ねえ、ルリユールおじさんは、どこにいるんだろうね。e0057640_22224995.jpg

こんなになるまで、よく読んだねえ。ようしなんとかしてあげよう。
木がすきなの。木のことならなんでものっているのよ。
では、ます一度本をばらばらにしよう、とじなおすために。
「ルリユール」ということばには「もう一度つなげる」という意味もあるんだよ。
おじさん、アカシアの木すき?
この表紙はじゅうぶんにはたらいたね、あたらしくつくろう。
アカシアのハチミツっておいしいのよ。 (本文より) 


おじいさんと小さな女の子の出会いは、職人とその仕事を充分に理解した職人気質の人との出会いにほかならない。読んでいるうちに絵本の中に引き込まれ、久しぶりに絵本で目頭が熱くなった。私の中では今年の大ヒット。たくさんの人にこの絵本をプレゼントしたい心境。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-22 22:16 | 絵本・児童書

大阪府立国際児童文学館

「いわさきちひろ展」を知ったのは大阪府立国際児童文学館に掲示されていたポスターです。
今月の8日のことですが、「ミンダナオ子ども図書館」の松居友さんと、教会での支援グループの友人二人と共に、大阪府立国際児童文学館を訪れました。松居友さんのお父様で松居直さん(福音館書店の創設に関わる)が、国際児童文学館の理事長をなさっているのですが、松居友さんも同館を訪れるのは初めてだとか。近くにいながら実は私も始めて。「あなたが行っていないなんて」と、数人の方からいわれましたが・・・。
松居友さんとご一緒だったので、ラッキーなことに、一般の人が立ち入られないところまでスタッフの方に案内をしていただきました。同館は1階に子ども室があり、来館者が自由に本を選びそこで読むことも、貸出もできるところと、2階に閲覧室があり、館外持ち出し禁止の本もそこで閲覧できます。私たちが案内をしていただいたのは書庫です。児童書に分類される本、あるいは雑誌の中に数ページでも子どもの本のことが載っていると、大人向きの雑誌でも保管されています。驚いたのはコミック(雑誌、単行本)なども保管されていることです。e0057640_011556.jpg
国際児童図書館ですから、当然海外の図書もあるわけで、珍しいクメール語、アラビア語、ヘブライ語などの本もあります。
棚に貼ってあるカードには、上がヘブライ語、下がアラビア語とかかれてあります。
スタッフの方が手にしておられるのは、中東の絵本。
e0057640_052782.jpge0057640_081873.jpg同館の〝お宝〟(と、スタッフの方の弁)も見せていただきました。1911年(明治44年)に発刊された、巌谷小波著「日本一ノ画噺」シリーズです。
e0057640_0114714.jpg1891年(明治24年)に発刊された
こがね丸も見せていただきました。これも巌谷小波の作です。
e0057640_0122030.jpg

書庫の撮影を許可していただいたのに、説明の邪魔にならないようにと素早く撮ったので、あせってブレてしまい、せっかくのチャンスだったのにピンボケです。(><;
貴重なものを見せていただいて感謝です。丁寧に説明をしてくださったスタッフの方ありがとうございました。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-21 23:53 | 絵本・児童書

いわさきちひろ展

e0057640_20484745.jpg今日は秋晴れのさわやかな1日でした。
なんとなく一人ぶらっと、京都駅へ。
京都駅が新しくなって(って、いつのこと?随分昔よね)初めてです。
いつもは新幹線で素通りですから。
とはいってもJR京都駅に降り立ったわけでもなく、阪急・烏丸~地下鉄四条。地下鉄・烏丸線で京都駅へ。
伊勢丹の7Fにある 美術館「えき」KYOTOへ。(各階イベント情報をクリック)
いわさきちひろ展に行ってきました。彼女の絵はいつ見ても、ほっこりしますね。癒されます。
e0057640_20554185.jpg


e0057640_2175046.jpgちょっと気になったこと。表紙の帯。
「よけいなお世話じゃ!」って、思いません?
表紙の帯に書かれているキャッチコピーで読む気になることって、無きにしもあらずだけれど、「よい絵本」かそうでないかは、読んだ人が決めると思う。
別にケチをつけるわけじゃないけれど、(って、しっかりつけてますね)こういうの好きじゃないです。
あっ!「おにたのぼうし」は大好きですよ。
勿論、私の本棚にも37年前からありますし、結婚前から、ずっと一緒に・・・4回の引越しをしています。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-20 21:26 | 絵画・美術館
丹波・お菓子の里で買ったシロバナハギ、ミヤギノハギに少し遅れて咲き出しました。
白花萩は、宮城野萩の変種だそうです。

学名:Lespedeza thunbergii 科属名:マメ科ハギ属 
e0057640_18294141.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-10-18 18:30 | 植物園・他の植物