さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2007年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 「河瀬直美監督のグランプリ受賞スピーチ」の記事にコメントを下さったcherisさんが、「星の王子さま展」についてもコメントをくださっています。その中にこんなフレーズがありました。
「サン・テクジュぺリの持っていた哲学をお好きだったら、」
〝サン・テグジュペリの哲学〟
 実は、「星の王子さま展」のところで書こうかな?と思ったのですが、そこでは「星の王子さま展」に絞って書きました。わたしが書きたかったのは、まさに〝サン・テグジュペリの哲学〟ともいえる、彼の言葉です。それは40年くらい前(学生時代)から、「こうでありたい」と、思っていた言葉です。若い時から全く結婚願望のなかった私ですが、もし、結婚するなら「こうでありたい」と思った言葉です。

 「愛するとは、見つめあうことではなく、二人が同じ方向に目を向けることである」(「人間の土地」 原題:TERRE DES HOMMES)

 長い年月の間に、覚えていた言葉が少し違っているかも知れませんが、このような言葉だったと思います。(今、その本は手元にありません)そして、それが実践できる人と出会って、結婚したのですが、以来、他の人の結婚のお祝いメッセージを書くときは、常にこの言葉を書いてきました。
まさに、サン・テグジュペリの哲学であり、大切にしたい言葉です。

cherisさん、私ももう一度、読み返したいと思っています。

 今日、「サン・テグジュペリ」と「ソニア・リキエル」という名前のバラ苗が届きました。

[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-31 17:42 | 心に残る言葉

八重のドクダミ

ドクダミ科 学名:Houttuynia cordata f. plena
e0057640_16503613.jpg
e0057640_178429.jpg

白いのは花ではなく,総苞片(そうほうへん)だそうです。
花は黄色の部分のようで、花びらはないのだそうです。

昨年、姉の庭から貰ってきました。葉は立派ですが、花(ではないのでした)はいささか小ぶりです。今朝の雨に洗われて葉も美しく、白い花(そう呼ばせて)も輝いていました。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-30 17:09 | 植物園・他の植物
河瀬直美さんのメッセージが心を打つ。

「私たちの人生にはたくさんの困難がある。お金とか服とか車とか、形あるものに心のよりどころを求めようとするが、そういうものが満たしてくれるのは、ほんの一部。目に見えないもの―誰かの思いとか、光とか風とか、亡くなった人の面影とか―私たちはそういうものに心の支えを見つけたときに、たった一人でも立っていられる、そんな生き物なのだと思います」(2007年5月28日付朝日新聞朝刊)
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-30 14:05 | 心に残る言葉

「殯(もがり)の森」

 河瀬直美監督「殯(もがり)の森」が、カンヌ映画祭で最高賞パルムドールに次ぐグランプリに選ばれた。「殯の森」は、グループホームを舞台にした認知症の老人と介護士の女性の物語。
 
 今日、早くもNHKBSハイビジョンで放映された。
 ‘生と死’という重たいテーマ。そして、すご~く、地味な作品。精神性の高い映画である。奈良の里山の風景がとても美しく、新緑の茶畑が目に染みる。そして、ゆっくりと時間が流れていく。
 河瀬監督も受賞後コメントをしていたけれど、わたし達が見失っているものが、この映画の中にたくさん詰まっているように思うし、この映画がグランプリに選ばれたということは、世界の人もそれを欲しているのだという気がした。
 昨夕の朝日新聞に、「『殯』とは、遺体を安置した場所で死者を思う本葬までの期間のこと。」と、あったが、映画のラスト、エンドロールが流れる前に、こう書かれてあった。

e0057640_23401541.jpg殯(もがり)
敬う人の死を惜しみ、
しのぶ時間のこと。
また、その場所の意。
語源に「喪あがり」  
喪があける意、か。

                                    写真は「殯の森」公式サイトより
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-29 23:23 | 映画・DVD・TV・演劇

山あじさい

山あじさいが二種咲きました。

昨年、野草風薫のfairysilvaさんに教えていただきました。
幻の紫陽花といわれている〝七段花〟
e0057640_1741689.jpg

昨年、宝塚・山本の〝あいあいパーク〟で姉に買ってもらった山あじさいです。
小さなポット苗だったのに、よく育ちました。
e0057640_17415653.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-29 17:49 | 植物園・他の植物

「星の王子さま展」

e0057640_13315635.jpg先週の金曜日、姉&義姉たちと大丸京都店で開催されていた(今日28日で終了)「星の王子さま展」に行ってきました。過日、東京での欲張り企画のミュージアム巡りでも行ったのですが。駆け足で通り過ぎた感があり、再度見に行きました。東京でゆっくり味わうことがなったから?という疑問を抱えて観賞に行ったのですが、ゆっくり時間があってもそれは変わることがありませんでした。
この「星の王子さま展」は何を目的としているのか、誰をターゲットにしているのか?
東京展でもそうでしたが、「ミュージカル・星の王子さま」がスクリーンで流れていました。声を聴いただけで「見たくないなぁ~」と素通り。別の場所でサハラ砂漠の映像が映し出されていたので座ってみることに。サン・テグジュペリの生い立ちでもドキュメントで始まるのかと思ったら、東京展でも流されていた「星の王子さま」の挿絵がスクリーンに映し出され、それに音がついているというものでした。声優は、星の王子さまの岸田今日子さん、キツネの名古屋章さんなど・・・。これも聞きたくなくて席を立つ。岸田今日子さんは好きな声優さんだったし、名古屋章さんも悪くはない。でも、私はミュージカルも朗読も見たくないし、聞きたくない。映画にしても、劇や朗読にしても、時には原作を余すことなく表現しているものもあるけれど、概ね原作を損なうものが多いのは周知の事実。今回のそれが損なっているか否かはわからないけれど、(観ていないから)わたしは見たくなかった。見ずに批判をしても・・・と思う方もいるかもしれないけれど、批判ではなく、単純に見たくなかっただけです。
星の王子さま展では日本で見つかった挿絵原画=「実業家」の展示や、内藤 濯氏のもとにフランス語を習いにいっていた岸田今日子さんなどが中心となって「星の王子さまの会」メンバーの色紙なども展示されていました。色紙には巽聖歌 岸田今日子 堀文子 小池朝雄 などのそうそうたる人の名前があった。わずか2年でその会の幕は内藤濯氏の手で幕が引かれたらしいが、その理由は単なる雑談の場になってしまったからだとか。有識者の集まりでもそんなものなんですね。この会には皇后・美智子さんも参加されていたとか・・・。美智子さんが内藤氏に贈ったフランス語で録音された「星の王子さま」のLPや内藤氏の和歌に美智子さんが曲をつけたスコアなども展示されていた。
e0057640_18484086.jpge0057640_18493255.jpg
「ナンセンスだなぁ~」と思ったのは、例の帽子の絵があって、その下からペロンと舌のようなでっぱりがあって、それを手前に引けばゾウが表れる仕掛け、いわゆるゾウを飲み込んだウワバミの仕掛けがあったり、例の箱もあって、のぞけばヒツジが見える仕掛けになっている。「ナンセンスだなぁ~」と思いつつ、そして結果もおのずとわかりつつ、帽子の出っ張りを引いてみたり、箱の穴をのぞいてみたわたしです(笑)
「星の王子さま」をあらゆる角度から検証してみたい人や、サン・テグジュペリや内藤濯のことが知りたい人にはおすすめです。自分の「星の王子さま」の世界に浸っていたい人、「星の王子さま」の本(物語)そのものが本当に好きな人にはおすすめできないかも・・・。

『サン=テグジュペリの星の王子さま展』巡回展の情報
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-28 13:33 | 「星の王子さま」

おみやげ

↓ のバラのお庭のお友だちから、バラのお土産をいただきました。
お庭から、惜しげもなく切って、手早くアレンジを・・・。とても嬉しいおみやげでした。
e0057640_2111384.jpg

真ん中のバラはウイリアム・シェークスピアというのだそうです。好きな色です。
e0057640_21111381.jpg

一緒に行った友人のボンちゃんからは、BLANC-BEC パティスリースイのブルーベリー・デニッシュをいただきました。美味しいおみやげです。
e0057640_21134424.jpg
○○さん、ボンちゃんありがとう!
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-27 21:14

バラの庭

↓の「友人の庭」は、正確には私の友人のお友だちのお庭です。
但馬高原植物園に一緒に行ったお友だち、ボンちゃん。彼女のお友達がマンション(庭付き)でバラを育てているので「見に行きましょう」と誘ってくれました。準備万端!のはずがそうなるために前夜バッテリーを充電して(まだ使えたのにご丁寧に)備えるはずが・・・。そのまま寝てしまって、装着しないまま出かけてしまいました。(>_<;)
仕方なく携帯電話で撮った画像です。
丹精込めて作られたお庭は小さいながらとても素敵なお庭でした。
やっぱり地植はいいですねぇ~。
e0057640_20462429.jpg
e0057640_20464041.jpg


バラのお庭の持ち主の方も、駅で待ち合わせたボンちゃんのもう一人のお友だちも、とても気さくな方たちで、もうずっと以前からお友だちのような感じがしました。出会いに感謝!
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-27 20:47 | 植物園・他の植物

友人のお庭

e0057640_18101480.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-27 15:40 | 携帯電話で・・

バームクーヘン 

昔はバームクーヘンといえば、ユーハイムでした。
今は、バームクーヘンといえば、、CLUB HARIEバームクーヘンです。
梅田の阪神百貨店ではいつも並ばなければ買えません。
今日、嬉しいことに但馬に一緒に行った友人が送って(贈って)くれました。
今日、長男が帰ってきたので4分の1を持たせて帰し、一緒にお茶をしていただきました。
明日は二男が帰ってくるので、同じように持たせて帰し、また一緒にいただくつもりです。
今日の長男、帰り際に「じゃ、行ってきます」 私「帰ります でしょ!?」
どっちにも〝帰る〟ややこしいね!
因みによく帰って(?)くるのは、立つ鳥後を汚しっぱなしなので片付けに帰って(?)きています。
e0057640_073828.jpg

美味しかった!リカちゃん、ありがとう!
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-27 00:11 | お菓子