さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

津和野カトリック教会とその周辺の武家屋敷
e0057640_2234937.jpg
e0057640_22342757.jpg
e0057640_22344486.jpg
e0057640_22351730.jpg
e0057640_22353097.jpg
e0057640_22354553.jpg
e0057640_2236024.jpg

大岡家老門
e0057640_22361574.jpg
e0057640_22362894.jpg
e0057640_22363966.jpg

一眼レフカメラを抱えて何かを待っている風の人々が・・・。何事かと思ったら、SLを撮影するためでした。せっかくなので私達もしばらく待っていることに。カメラを構えてシャッターを押し、ズームに設定しようとしているうちに通り過ぎてしまいました。あっけなく・・・。
e0057640_22365067.jpg
e0057640_2237259.jpg

ビュフェの絵のタッチを思わせるような写真になりました。
e0057640_22371435.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-30 22:47 | フォト紀行(国内編)
e0057640_0115472.jpg 新幹線の「新山口駅」から在来線、山口線・益田方面行きの普通列車で津和野へ・・・。
 のんびり、ゆっくりと車外に広がる田園風景を見ながらの旅は普通列車、いわゆる鈍行ならではのよさかも・・・。
日頃は新幹線、特急列車で時間に追われる旅(と、いえるのかどうか?)。
 津和野に降り立った時にはすっかり雨模様。
小雨に煙る城下町もまた風情があり、その風景の一部を切り取ってみました。
葛飾北斎美術館
e0057640_0181646.jpg
能面工房
e0057640_0191487.jpg
薬局
e0057640_0213747.jpg
酒屋さんの店先の(サカバヤシ)
e0057640_0223962.jpg
この仕込み樽は明治の初期に作られたもの。
e0057640_0263476.jpg
e0057640_0265391.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-30 00:27 | フォト紀行(国内編)

タイワンフウの1年

e0057640_10105517.jpge0057640_10105567.jpg
今日のタイワンフウ
[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-29 10:10 | タイワンフウ の1年
ザビエル記念聖堂を後にして、瑠璃光寺へ

e0057640_18112649.jpge0057640_1812980.jpg
国宝・瑠璃光寺五重塔
e0057640_18163790.jpg
e0057640_18184295.jpg


雪舟展へ
e0057640_18202992.jpg
e0057640_18204234.jpg


今回は渋めでいってみました。
あまり興味がないのでコメントはパス。
瑠璃光寺と雪舟について興味のある方は、下記のサイトへどうぞ・・・
http://www1.odn.ne.jp/~vivace/rurikoji/rurihyoushi.htm
[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-28 18:25 | フォト紀行(国内編)
e0057640_2246997.jpg 学生時代の友人2人との一泊二日(25~26日)の3人旅。
新幹線で一路、新山口へ。駅前のビジネスホテルへ先ずは荷物を預けてウエルカム・コーヒーをいただく。テーブルの花もウエルカム・フラワー(もっともこれは生花ではなくシルクフラワー)。
 友人の一人が「何で湯田温泉に宿をとらなかったのか。と知り合いの神父さんに言われたんよ。新幹線の駅が便利じゃからじゃろう。と言うたんよ」 「何言ってんの、思い立ったのが遅かったから温泉宿も山口駅のホテルも取れなかったのよ」と私。 「そうなん」 とまぁ、相変わらずののんびり屋さんたちとの3人旅です。
 e0057640_22591552.jpg
在来線の鈍行列車で山口駅へ。

山口で見つけた散髪屋さん。暖簾が小粋。e0057640_237491.jpg

ザビエル記念聖堂 (フランシスコ・ザビエル生誕500年)
e0057640_2394873.jpg
e0057640_2310564.jpg


 山口で出会った花と木
[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-27 23:16 | フォト紀行(国内編)

トックリキワタ

沖縄からトックリキワタのアップ写真が届きました。
わたしも遠目にしか見たことがなかったので、改めて「こんな花だったのかぁ~」と思いました。
e0057640_20213374.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-27 20:22 | 沖縄

プチ旅行

e0057640_14112185.jpg

ザビエル記念聖堂
[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-25 14:11 | 携帯電話で・・
e0057640_2042929.jpg 11月23日、アレン・ネルソンさんの講演「戦場で心が壊れて・・・」を聴きに西成の参学寺参究道場に行きました。
アレンさんはお話を始める前に、アメージング・グレースを、ハーモニカとギターとともにこの歌が生まれた頃のようにゴスペルバージョンで歌ってくださいました。アレンジされた曲で美しい歌声のアメージング・グレ―スしか聴いたことがなかったのでとても新鮮でした。
さて、アレンさんは、自身のヴェトナム戦争での経験を交えながら憲法9条の大切さを力を込めて語られました。ヴェトナム戦争の最中、壕に入ったとき、産気づいた女性からアレンさんの手の中に赤ん坊が産み落とされた経験が、彼のその後の人生を変える大きな体験だったことは、著著「そのとき、赤ん坊が私の手の中に」(アレン・ネルソン)の中に詳しく載っています。
彼は、日本はアメリカの被占領国だといわれます。「日本の首相はアメリカの州知事にしか過ぎない。あなたたちのトップは安倍さんではなくブッシュだ。陳情は国会ではなくホワイトハウスに・・」と笑わせながら、核心をついていきます。e0057640_19582461.jpg
海兵隊では日々、戦争のためのノウハウが教え込まれるそうです。「アメリカでの訓練は射撃の訓練だったが、沖縄では殺人の訓練だった」ホワイトボードにその違いを描いて説明されました。円で描かれた標的は牛の目の標的というもので、一点に集中するように訓練されます。一方、沖縄での訓練は人型の標的です。どこを狙うか。頭、肩、腕、心臓・・全てno!股間を狙うのだそうです。頭や肩では打ち損じるし、心臓では即死になるから・・。情報を聞き出せて、苦しんで死んでいくように股間を狙うのだそうです。実際の戦場では映画のように音楽が流れ、西部劇で見られるような、枕をけって、「銃を取れ」といって闘うようなフェアな戦いがあるわけではなく、不意をつき、女性や子どもを助けるようなことはない。それが現実。

e0057640_19592837.jpge0057640_19593898.jpg
沖縄の基地周辺では事件が絶えることがない。殺人訓練の後は基地の外に出て、酒、ギャンブル、女。タクシーで基地に帰っても、女性からサービスを受けてもお金を払わない。それが日常横行している。基地の責任者は地域に謝罪の声明をだすが、形式的で、腹の底では「戦争で使い物になるようになった」と喜んでいるらしい。アレンさんはこうも言う。「基地がある限り、沖縄の人たちにとって戦争はまだ終わっていない。沖縄の人たちが安心して子どもを育てられる環境を取り戻さなければならない・・」と。
「憲法9条を知った時、目からうろこが落ちたようだった。憲法9条は美しく力強い。安倍さんが9条を取り払おうとしている企てを許してはならない。立ち上がり声を大にして9条を守らなければならない。戦争から平和は生まれない。世界の平和はここから、ここに参加している全ての人が、一人ひとりが9条の実現を願って生きていくことです」と結ばれた。
最後に質疑応答の中で彼は興味深いことを話されました。
「日本国民は自分と同じだと感じた。それはPTSD(トラウマ、心的外傷後ストレス障害)を持っている。私も、戦争体験を話せなかった。日本人も、南京大虐殺、731細菌部隊、従軍慰安婦の問題など話せないでいる。現天皇は父である昭和天皇の犯した罪を国民に謝罪をしなければ、国民は戦争体験を語ることは出来ない。」こういう見方があったのかと、驚きを禁じえませんでした。
[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-24 20:01 | 講演会・集会の情報&報告

ところ変われば・・・

沖縄の友人からメールで花の写真が届きました。
「沖縄の秋の花を・・・。南米桜とも呼ばれるトックリキワタです。」
トックリキワタ
e0057640_15344288.jpg
e0057640_15345331.jpg


昨年の初冬にはオーストラリアからやっぱりメールで・・・
「パース市の南に位置するアップルクロス地域の街路樹です。11月末頃から咲き出します。中南米原産で、これを街路樹にしている街は世界に広がっているそうです。」
ジャカランダ
e0057640_15304528.jpg

e0057640_15305691.jpg

[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-24 15:31 | 植物園・他の植物
秋の深まりが早い但馬高原植物園では、あまり花が見られませんでしたが、幾つかの花がかろうじてその姿を残していました。

ヒメツルソバ これは比較的元気に咲いていました
e0057640_1432409.jpg

アゲラタム
e0057640_14342064.jpg

秋色紫陽花
e0057640_14344425.jpg

コルチカム(イヌサフラン)も残っていました
e0057640_14353559.jpg


最近、園内で熊の姿が見られたとか。こんな注意書きが・・・
e0057640_14392770.jpg
近年、里山で熊の姿が多く見られているようですが、山に食べ物が無くなったからばかりではなくて、過疎化により里山が手入れされずに荒れてしまって、山との境界線が曖昧になってしまって熊が里山に出てくるようになったとか。本来、熊はちゃんと住み分けしていたのですよね。熊を悪者にしてしまってはいけません。
[PR]
by CK_centaurea | 2006-11-24 14:50 | フォト紀行(国内編)