さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:絵本・児童書( 25 )

e0057640_18154971.jpgひろしまのピカ 丸木俊 画・文 記録のえほん 小峰書店

そのときです。とつぜん、ピカッとおそろしい光が、つきぬけました。
オレンジ色。いや、青白い100も200ものかみなりが、
いっぺんにおちたような光でした。
それは、アメリカの爆撃機B29のエノラ・ゲイ号からおとされた、
人類はじめての原子爆弾でした。
その原子爆弾には、リトル・ボーイ(ぼうや)という、
やさしくかわいい名前さえつけてあった、ということです。
1945年8月6日、午前8時15分のことでした。
                       (『ひろしまのピカ』本文より)


あの日から64年目の夏がやってきました。

今年の4月、チェコのプラハでオバマ大統領が次のように演説したそうです。

 「米国は、核兵器国として、そして核兵器を使ったことがある唯一の核兵器国として、行動する道義的責任がある。米国だけではうまくいかないが、米国は指導的役割を果たすことができる。」

唯一原爆投下をした国と、唯一の被爆国。
共に何が出来るか、しなければならないか。大きな課題です。
[PR]
by CK_centaurea | 2009-08-06 18:30 | 絵本・児童書

「なぜ あらそうの?」

「なぜ あらそうの?」 
作:ニコライ・ポポフ Nikolai Popov (1938年ロシアのサラトフ生まれ) BL出版

e0057640_1049418.jpg始まりは一匹のカエルと一輪の野の花
そして
野原の静寂を破って現れた一匹のネズミ

他にも野の花が咲いているのに
カエルの持っている花が欲しくて力ずくで奪ってしまう

始まりは些細なこと(?)
そこから報復の連鎖が生まれ
やがて大きな戦争へと・・・

終結後に残ったものは・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この物語にはいっさい文字がありません。落ち着いた渋い色彩で絵が描かれているだけです。でも、たくさんのメッセージが見えない字で書かれています。
それを読者がどう読み取るかということです。

素敵、素晴らしい、そんな言葉では表せない絵本です。
絵本の持つパワーを改めて感じた一冊です。
[PR]
by CK_centaurea | 2009-05-11 11:04 | 絵本・児童書
e0057640_18321478.jpg帯にこう書いてあります


「のほほん」と人生ひとやすみ


わたしは「のほほん」という言葉がすきです
やんわり ゆったり おちゃでも飲みながら
マイペースでいきましょ って感じでしょ?
気持ちがバタバタ・アタフタしてきたら……
「のっほほ~ん」って声にだしてみるんです
あなたもいかが? せーのっ「のっほほ~ん」
           工藤直子


私の好きなページ
e0057640_18384013.jpg
仰向けでくつろぐホッキョクグマ
撮影 Staffan Widstrand (Nature Picure Library)
旭山動物園で泳ぐシロクマのアップを見た。 そのとき、足の裏もしっかりアップで見ることができて(感動的な足裏だったなあ)トクした気持ちになった。


こんなに一休みしていいの?と思うくらいひとやすみしているんですけれど、疲れがとれませんね。
ほんまもんの「のっほほ~ん」じゃないのかな?

「のほほん」 工藤直子/作 ネイチャー・プロダクション/写真 小学館/発行

もういっちょ!
[PR]
by CK_centaurea | 2008-12-03 18:52 | 絵本・児童書
e0057640_16535596.jpg帯にこう書いてあります

世界は よいしょと まわってる

わたしは よいしょがすきです
なにか はじめようとするとき
声にだして かけごえかけたり
心のなかで となえたりすると
はずみがついて元気になります
ときどき とりゃぁ! なんて
はりきったりも しますけどね
      工藤直子


私の好きなページ
e0057640_16582829.jpg
アスパラガスの実とハナバチ 撮影・斎藤嘉明さん
 「小さな世界の出来事にであうためには、深呼吸と、ため息が必要です」

(画像をクリックすると大きくなって字が読めます)

何か仕事をする時とか、動作をする時ばかりではなく、気持ちの上で「よいしょ」と、掛け声をかけたくなる時ってありますよね。「シンドイ」ことって多いですもん。
それにしても、よくこんな写真が撮れること!そして、こんな詩が生まれること!

「よいしょ」 工藤直子/作 ネイチャー・プロダクション/写真 小学館/発行
[PR]
by CK_centaurea | 2008-12-02 17:07 | 絵本・児童書
工藤直子さんのフォトポエムです。ネイチャー・プロダクションとのコラボです。

e0057640_17331182.jpg帯にはこんなふうに書かれています。

世界は まいにち 生まれたて

わたしは 「おはつ」 が好きです 朝おきて
空や木々 光や風や小鳥たちに 出会うと
「おは (つ) よう!」と あいさつします
だって、今日会うのは「おはつ」だものね
あなたのそばの「おはつ」はお元気ですか
        工藤直子

このページの写真は工藤さんが一番気に入っている写真だとか。
編集者の喜入さんが教えてくださいました。
e0057640_17332441.jpg
ヤブミョウガの芽生え 撮影は植沙萌さん
「新芽は元気よく手をあげて 太陽先生に出席をとってもらっている」 


工藤直子さん、とっても観察眼のすぐれたやさしい眼差しの方なのですね。
1935年生まれの方です。瑞々しい感性に驚きです。
(画像の上でクリックすると大きくなって詩が読めます)

思えば毎日見ている空や太陽。一度だって同じものはないのですね。どんな出来事も今日、今の瞬間は「おはつ」です。何でもそう思って見ると楽しいですね。

「おはつ」 工藤直子/作 ネイチャー・プロダクション/写真 小学館/発行
[PR]
by CK_centaurea | 2008-12-01 17:46 | 絵本・児童書
 ↓前述の講座で先生が読んでくださった本の中に、私の好きな酒井駒子さんの「ロンパーちゃんとふうせん」もありました。

「ロンパーちゃんとふうせん」 酒井駒子/さく・え  白泉社
e0057640_20513612.jpg

 ロンパーちゃんはまちで 黄色い風船を貰って、ゆびにくくりつけてもらうのですが、家に帰って指からヒモをはずして遊ぼうとすると、すぐに天井にあがってしますます。
 おかあさんはとってもいい方法でちょうどロンパーちゃんと同じくらいの背丈でとまるようにしてくれました。
 これで、安心 ロンパーちゃんはふうせんとおままごとをして遊びます。でもそこに風が吹いてきて、ロンパーちゃんのふうせんは高い木に引っかかってしまいました。
 ロンパーちゃんはふうせんとご飯を食べて、歯磨きをして、一緒に寝ようと思っていたのに・・・。
 おかあさんははしごを借りて、明日、ふうせんをとってくれるって・・・。

 それにしても、駒子さん、どうしてこんなに子どもの姿態を愛らしく切なく描けるのでしょう!?

e0057640_21269.jpgこの本は、
←上左から台湾、フランス、韓国、スペイン、手前はアメリカで出版されています。
(画像はPook+ から)

人気なんですねぇ~。

私は英語版も持っているのですが、装丁も絵に対する文字の配分(というのでしょうか?)も英語版のほうが私は好きです。

英語版の装丁
e0057640_2194737.jpg

例えば、日本語版では
e0057640_21102870.jpg
やっと なきやみ ロンパーちゃん  しゃっくりも だんだん おさまって 
なみだの あとも かわいてきて・・・
そうして ポツリと こう おもったの (ああ ふうせん ロンパーちゃんのふうせんは―)
e0057640_2110448.jpg
(おつきさん みたいよ・・・)

英語版では
e0057640_21113972.jpg
But Emily couldn't stop thinking about the balloon.
Was it still there?
She looked There it was,nestled in the tree.
It looked just like the moon.
e0057640_21115591.jpg
Goodnight

あなたはどちらの終わり方が好きですか?私は英語版の方です。
そうそう、英語版ではロンパーちゃんはエミリーちゃんになっています。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-08-17 21:13 | 絵本・児童書

さとりくん

 某大学の生涯養成講座「絵本が読みたい」。読み聞かせの講座です。
 課題図書を受講生の前で、順番に読み聞かせをするのですが、時間がある時には、講師の先生が課題図書ではない先生オススメの絵本を読んで下さいます。
 好きな本もあれば、そうでもない本も・・・。
 その中で、この「さとりくん」は私の好きな作家さん、五味太郎さんの作です。

e0057640_21294996.jpg
「さとりくん」
五味太郎/作 クレヨンハウス/出版

さとりくんは、うまれつきさとっているとりです。
はじめて雪をみても、かみなりがおちても、
みんながさわぎまわっているときも、
「そんなこともあるだろう」と、おちついています。
「ようするに いやなガキなんです」
ところが……。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-08-16 21:32 | 絵本・児童書

酒井駒子さん

 この人の絵、最高です。ファンクラブに入りたい!
e0057640_23152596.jpg

 1966年兵庫県生まれで大阪のSニュータウンの団地育ち。私がまだ学生だった頃に生まれたのですね。大阪のSニュータウンって、千里ニュータウンのことでしょうか?もしそうなら電車の中で目と目が出会って、赤ちゃんだった駒子さんをあやしていたかも・・・(笑)大人には愛想のない私でしたが、小さな子とはよくアイコンタクトをとって、話していましたから。
 大阪には泉北ニュータウンもあるのだけれど、ここに載っている風景は何だか見覚えがあるような・・・。それに計算の弱い私が計算をしても、2歳の頃から団地に住んだとして、まだ出来ていなかったよね泉北は。と、探偵の私(?)は思うのです。
 酒井駒子さんファンは必見の書です。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-08-04 23:43 | 絵本・児童書
e0057640_20434554.jpg 長男が帰ってきたので「西の魔女が死んだ」のことを訊いてみました。「あるはず・・・」といって、図書室(長男が家を出てから図書室にしました)に入って、「あった!」と、持って来てくれたのがコレ。
1996年4月20日初版版第1刷発行 です。
本書は復刻版とか。
元は1994年楡出版より刊行。
 現在「西の魔女が死んだ」で検索すると新潮社刊が出てきます。<小学館>も入力すればこの表紙が出てきますよ。
小学館版は定価¥1200でしたが、現在、アマゾンのマーケットプレイスではなんと¥4800より とありました。
楡出版の分はほとんど入手不可能。小学館版はこちらで入手できるかも?
http://www.atc.ne.jp/seikindo/html/nisinomajo.htm
[PR]
by CK_centaurea | 2008-08-01 21:07 | 絵本・児童書
生涯養成講座 「絵本が読みたい」 (3)

 ↓で、今更ながら・・・と書きました。38年くらい前には、毎日、幼稚園で園児に読み聞かせをして、子どもが生まれてからは子供達に。家庭文庫を始めて近所の子供達にも・・・。そんな経緯があるので、今更ながら・・なのですが。
 そのころからずっとロングセラーで読み継がれているものもありますし、新作の創作絵本も随分たくさん出ています。そういったことも含めて、ボランティア活動に繋がりそうなので、この講座を受講しました。
 講師の先生は、元はNHKの、今はフリーのアナウンサーでいらして、大学の非常勤講師もしていらっしゃいます。本の見返し部分や扉にも心を配られる素敵な先生です。
 読み聞かせの講座での課題本は「ふしぎなたけのこ」と「おさるとぼうしうり」でした。自身では選ばないだろうと思う本で、勉強になりました。同じ言葉の繰り返しが多く出てくるので、その変化をつけるのが難しく、これが課題本なのがうなずけました。

ふしぎなたけのこ
作: 松野 正子 絵: 瀬川 康男  福音館書店
e0057640_12152972.jpgたろうがつかまったまま、ぐんぐん伸びたたけのこは、やがて切られて、山また山をまたいで倒れていきます。倒れた先にあったのは、海!山の幸しか味わったことのない村の人は魚や貝や昆布に大喜び。ぐんぐん伸びたたけのこが天に届くのではなく、海の方に倒れていくという新鮮さ。民話の要素を余すところなくいれながら、どこか現代的なお話です。

おさるとぼうしうり
作・絵: エズフィール・スロボドキーナ 訳: 松岡 享子  福音館書店
e0057640_12154029.jpg帽子を頭の上にのせて売り歩く帽子売りとおさるのお話。
帽子がちっとも売れなくて、疲れはてた帽子売りは大きな木下で眠ってしまいます。目が覚めたら帽子がひとつもありません。木の上をみると、なんとおさるが帽子をかぶっています。おさるに帽子を返せ!とどなりますが、おさるは「ツウ ツウ」というばかり。腹を立てた帽子売りは自分の帽子を地面に投げつけます。するとおサルもまねをして、帽子を投げつけます。めでたく帽子を取り返した帽子売りは「ぼうし ぼうし ひとつ50円」といいながら町に戻っていくと。というお話です。外国にも「猿まね」ってあるのでしょうか?
[PR]
by CK_centaurea | 2008-07-25 12:59 | 絵本・児童書