さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:音楽・CD( 22 )

Pachelbel in the Garden

e0057640_2384813.jpg
Pachelbel in the Garden

今、一番お気に入りのCD
友人からのプレゼント

小鳥のさえずりとせせらぎがバックのCANON
これを聴きながら、ヴェランダの植物の水遣りをすると
ターシャのガーデンにいる感じになります
自然の懐にいるような癒しの空間です
狭いヴェランダから
飛び立って一気に広大なガーデンに降り立つような
本を読みながら聴いてもいいですよ
緑の木陰で読書を楽しむ感じです
[PR]
by CK_centaurea | 2011-06-05 23:18 | 音楽・CD
e0057640_20581932.jpg


 昨夜行ってきました。
兵庫県立芸術文化センター  いい劇場ですね。
 このホール、今年の1月にオペラに行く予定をしていたのですが、思いがけない夫のことで、キャンセル。
 友人にチケットを使ってもらったので、今回が初めてでした。

 「愛は限りなく」 高校時代に宝塚歌劇で初めて知った歌。
 懐かしい歌でした。

 テノールの角地正直さんは恩師のご子息です。
 ファミリー全員、音楽家です!!

 「楽しかった」と、一緒に行った友人もいってくれて、何よりでした。ちょっと↓の気分かな・と思っていたので楽しんでくれて嬉しかったです。

 さて、コンサートの中身は、テノールの相原さん、初めての方ですが、夏にはちょっと暑い!?なんて言ったらファンの方に怒られる?松崎しげるときみまろを足したようなキャラですね。
 正直さんのさわやかさで救われていたかも?というのが正直な感想。
 親子ぐらい齢が離れているのかな。なかなか面白いコンビネーションでした。
[PR]
by CK_centaurea | 2009-07-25 20:59 | 音楽・CD
e0057640_15132210.jpg 昨夜は先月信州旅行をした友人達と「フランス音楽の夕(ゆうべ)」を聴きに、ザ・フェニックスホールへ。
このホールは初めてですが、とてもこじんまりとした素敵なホールでした。
 1971年から2007年までの 「フランス音楽コンクール」入賞者による、フランス音楽に演目を絞った 声楽とピアノ独奏の演奏会です。
 フランスの近・現代音楽の作曲家達10名の内、私が知っていたのは「レクイエム」で有名なガブリエル・フォーレ、「ボレロ」のモーリス・ラヴェル、「月の光」のクロード・ドビュッシーぐらい。しかも、これらの楽曲はなくて、聴きなれない、耳慣れない(私が)曲ばかり。
 「へぇ~、フランス音楽って、こんなんなんだ!」が私たち3人の感想(?)。
 ピアノ曲は結構、力強い曲が多かったですね。「フランス音楽」堪能しました!
 

 出演者のお一人、角地正直さんは学生時代の恩師のご子息。
「父と二人の息子 3人のテノールが歌う 世界のメロディー」の次男さん。前々日まで調子が良かったのに、この日は風邪気味で調子が悪くなった、とお母様がコンサート前におっしゃっていました。心配していましたが、本番では、さすがプロ!体調が悪いなんて、微塵も感じませんでしたよ。
 お父様の角地正純先生は1981年フランス 政府より芸術文化勲章(Chevalier)叙勲を受けておられますし、「フランス音楽コンクール」の審査員もされていたようです。フランスにご縁が深いのですね。

 さて、コンサートが終わって、ヒルトンプラザで遅めの夕食(リカちゃんがヒルトンホテルに駐車をしていたので・・・)当初はもう一人、私の教会の友人が一緒のはずだったので、千里に直行するつもりだったのですが、都合でキャンセルになり、梅田で食事をすることになりました。ボンちゃんオススメのイタリアンでチーズフォンデュやパスタ。食後のお茶は場所を変えようとヒルトンホテルへ。時間も遅くさすがにクローズ。それなら、一人の友人と我が家の近く、千里にあるホテルのラウンジへ行こうということになって・・・でも、結局、おひとりさま暮らしのボンちゃん宅でお茶することに。リカちゃんがお土産に持って来てくれた和三盆のロールケーキとお紅茶をいただきました。おしゃべり三昧で気がついたら午前様。アラッ大変。ボンちゃんは翌日もお仕事だもんね。私はリカちゃんに送ってもらって帰宅。
シンデレラの馬車だったらとっくにカボチャになっているのですが、そこはリカちゃんの愛車。道に放り出されることもなく無事に我が家に着きました。それにしても、彼女はそれから奈良へ。ありがとう!お疲れさまでした。午前2時~ 着いた?着きました!のメールのやりとり。だって、私が家に着いたのが午前1時過ぎですから。私たちこれでも主婦です(!?)><;
[PR]
by CK_centaurea | 2008-12-09 15:14 | 音楽・CD

徳永英明・コンサート

e0057640_23362859.jpg昨日、徳永英明さんのコンサートに行ってきました。
徳永さんのファンの友人二人に挟まれて、初生ライブです。フェスティバルホール。
いいお席をとってくれたボンちゃんに感謝!

低音部が身体に響いてきて、臨場感溢れる音の空間は、はまるよね~。
歌が上手いのは勿論、MCの方も結構イケテいました。
あっという間の2時間。
アルバム「VOCALIST」で女性ヴォーカリストの曲をカヴァーして、新たなファンを開拓した徳永さん(私もそのウチの一人!?)ですが、アンコールでちあきなおみさんの「喝采」と小林明子さんの「恋に落ちて」の2曲だけでした。
「喝采」は収録されているアルバムとされていないアルバムがあるようです。
オリジナルのヴォーカリストより、徳永さんの方がいい!と見直した曲もありましたが、「喝采」は、ちあきなおみさんを超える人はいないのではないでしょうか。好きな曲です。
それにしても、スタンディング手拍子にはついていけませんでした。
スタンディングはいいとして、何で手拍子するの?宴会場じゃあるまいし・・とオバサンは思います。
でも、楽しかったです。

コンサートが終わってから、堂島ホテルで食事をしたのですが、「閉店なんですが・・・」と、言われてしまうまで、おしゃべり。
カボチャの馬車ならず、奈良から車で来ていた友人に送ってもらって翌日(朝とはいいません)に帰宅。リカちゃんに感謝!

秋の旅行を約束して別れました。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-10-01 23:38 | 音楽・CD
e0057640_22231131.jpg 7月19日 吹田メイシアターにて
 トニー・マクマナス アコースティックLIVE を聴きに行きました。
というよりも、オープニングアクトをつとめたROOTSを聴きたくて・・・。
 トニー・マクマナスは初来日。ヨーロッパやアメリカではとても有名だそうです。
日本でも、ギターファンの間では有名なかたなのでしょうが・・・。そのテクニックたるや、素人でも凄い!というのは、分かるけれど、「ギターばかりの演奏というのもちょっとしんどいものがあるね」と一緒に行った友人と話した。
 ROOTSの演奏がほっとするのは、ヴァイオリンとのデュオだからだと思う。ギターにヴァイオリンの音色が加わると、深みが出て、そして、やさしい。
 ROOTSの有希さんは知り合いのお嬢さん。音楽に向き合う姿も生き方も、とても真摯で素敵な人。それが演奏にも現れていて、心がやすまる。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-07-20 22:34 | 音楽・CD
CELINE DION  COMPLETE BEST

e0057640_17312625.jpg=コメント=(こちらのサイトから###
世界の歌姫=セリーヌ・ディオン、9年振りの来日公演に合わせた、日本だけの特別記念盤として完全ベストをリリース!全世界で2億枚を記録した「タイタニック」主題歌から、伊藤由奈とのコラボ楽曲「au LISMO」CMソングまでを収録した、全17曲。
=作品紹介=(こちらのサイトから♭♭♭
2億枚の歌姫、セリーヌ・ディオンの軌跡がわかる、スーパーベスト!!“BEAUTY AND THE BEAST”(映画「美女と野獣」)、“TO LOVE YOU MORE”(ドラマ「恋人よ」、パナソニックCM)、“My Heart Will Go On”(映画「タイタニック」)、そして“あなたがいる限り~A WORLD TO BELIEVE IN~”(duet with YUNA ITO)。どこを取っても超名曲揃いのスペシャルな1枚が完成!

セリーヌ・ディオン オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/CelineDion/

このアルバムは長男からのプレゼント♡
春の陽気に誘われて、お出かけしたいところですが風邪が長引いて引きこもっています。
そんな時に聴くのにちょうどいい♪~

収録曲
[PR]
by CK_centaurea | 2008-03-13 17:49 | 音楽・CD
Sarah Brightman Symphony サラ・ブライトマン「神々のシンフォニー」

e0057640_10394119.jpgパナソニックVIERA(ビエラ)の新CMソング「ランニング(ジュピター~栄光の輝き)」が収録されています。
ジュピターといえば、2003年に平原綾香が1枚目のシングルとしてリリースしてヒットした曲です。
サラブライトマンが歌えばスケールも大きくなって、
さすが!です。


サラブライトマンのオフィシャル・サイト
http://www.emimusic.jp/sarah-brightman/
こちらで視聴もできます。→♪♪♪

「サラ・ブライトマンのニュー・アルバムでたけど・・・」と長男からのTel
「じゃあ、お願い」 で、商談成立(笑)

神々のシンフォニー 収録曲
[PR]
by CK_centaurea | 2008-03-12 10:54 | 音楽・CD

コンサート

「父と二人の息子 3人のテノールが歌う 世界のメロディー」

e0057640_12452215.jpg 3日、4日と思う存分グウタラを決め込んで、5日、年始の事始め (って、いうのか?) は音楽鑑賞。
吹田メイシアターに足を運び、恩師と出会い、一緒にコンサートを聴きました。

 このコンサートの出演者である角地ファミリーのお父様も、実は学生時代の恩師なのです。二人の息子さんのお姉様も飛び入りで参加。私の学生時代はピアノの先生をしていらしたお母様も、お嬢様共々音楽大学の声楽科出身だとか、二男さんのHPの自己紹介に書いてありました。長男さんのお連れ合いさんも声楽家。驚くべき音楽ファミリー。サウンド・オブ・ミュージックのトラップ大佐ファミリーも真っ青!(笑)
誰一人として他の道を行こうとしなかったのか!?
超不思議です。どんなファミリーやろ?

 新春に相応しい明るくて楽しいコンサートでしたよ。 ★★★★★

 この日、着目!友情出演のザ・タロー・シンガーズはアカペラの室内混声合唱団。今後注目です。
[PR]
by CK_centaurea | 2008-01-08 12:51 | 音楽・CD

ケルティック・ウーマン

e0057640_1811922.jpg「澄みわたる奇跡の歌声 アイルランドの宝石が舞い降りる」と、帯に書かれた
ケルティック・ウーマン(↓のCD「オーラ」にも収録されている「ユー・レイズ・ミー・アップ」のヴォーカリストたち)のアルバムはどんな感じ?
ライナーノーツの日本語版には、
「このCDを手にとったあなたはたぶん、ビューティフルな世界を愛する、ビューティフルなハートの持ち主だと思う。人はどんなものに美を感じ、心を潤おすのか?自然、芸術、歴史遺産、人の心の優しさ、子供の頃のある日の記憶、祈り、平和…永遠の光を感じさせるそれらの豊かさが、この稀有な音楽にはふんだんに満ちている。貝の中の真珠のように人の心に棲む『優しき聖域』をめざめさせ、ひっそりと息をふきかける彼女たち―ケルティック・ウーマンの美声は、混濁した現代を生きなければならない私たちにとって、かけがいのない癒しの泉なのだ。」
と、書かれている。いささか、こそばゆくなるような文章だけれど、期待は裏切らないかも・・・。
聴く人の感性や好みの問題もあるけれど・・・。

※パナソニック プラズマテレビ「VIERA(ビエラ)」新作CMにも引き続き、ケルティック・ウーマンの歌う「ユー・レイズ・ミー・アップ」が決定したそうです。


曲目リスト
[PR]
by CK_centaurea | 2007-08-29 18:03 | 音楽・CD

オーラ ~美しい感動~

e0057640_18252396.jpg今日は少し暑さがましだったでしょうか?

久しぶりのCD 
「オーラ ~美しい感動~」
どれか1曲ぐらいは聴いたことがあるのでは?
珠玉の楽曲、アーティストを集めたオムニバス形式のアルバム。

おすすめです。



1.ケルティック・ウーマン 「ユー・レイズ・ミー・アップ」
2.サラ・ブライトマン 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
3.アディエマス 「涙の歌」
4.リベラ 「彼方の光」
5.ヴァネッサ・メイ 「トゥーランドットのヴァイオリン・ファンタジー」
6.エンニオ・モリコーネ 「ニュー・シネマ・パラダイス」
7.サーシャ&ショウナ 「タイム ~バッハ:G線上のアリア」
8.葉加瀬 太郎&フォーエバー・タンゴ 「リベルタンゴ」
9.シークレット・ガーデン 「ソング・フロム・シークレット・ガーデン」
10. フィリッパ・ジョルダーノ 「ハバネラ」
11. アミーチ・フォーエヴァー 「ジュピター ~ホルスト:惑星」
12. 坂本龍一 「戦場のメリー・クリスマス (オーケストラ・ライヴ・ヴァージョン) -テーマ-」
13. ジョルジア・フマンティ 「アリア(風) ~サン=サーンス:白鳥」
14. 千住 明 「ピアノ協奏曲「宿命」(ピアノ・ソロ・ヴァージョン) :演奏 羽田健太郎
15. ナターシャ・マーシュ 「ジムノペディ 第1番」
16. クロエ from ケルティック・ウーマン 「家路」
17. マキシム 「デボラのテーマ(映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より)」
18. 鈴木慶江 「千の風になって」
19. グレゴリアン 「メイド・オブ・オリンズ」
20. ヌーノ 「アメイジング・グレイス」

More
[PR]
by CK_centaurea | 2007-08-28 18:29 | 音楽・CD