さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ボタニカル・アート 画材( 2 )

ボタニカル・アート レッスンのモチーフ

 昨日はボタニカルアート、レッスン2日目。Aクラス(月1)からBクラス(月2)に移動。
 最初、Bクラスに申し込み。初めてだから月1より月2のほうがいいと思って・・・。でもBクラスは中級以上といわれて、初心者なのでAクラスに・・・。でも秋から初心者でもBクラスに入れることになったとかで、カルチャーセンターからTELが・・。ですよねぇ~。どう考えたって初心者のほうがレッスン時間多いほうがいいと思うのに、講師の都合だったのか?  
 何はともあれ、月2回のクラスに移動。
 それにしてもこの猛暑の中、出かけるのはキツイ!おまけにまたまた難しい花を選んでしまって・・・。また先生に言われてしまいました。「また難しい花を・・・。1回目も難しかったのに・・・」
つい、名前だとか姿に惹かれて、描きやすいのは二の次でした。(><;  
 因みにもう一方の画材はブラックベリーでした。

学名:Serruria florida  科属名:ヤマモガシ科セルリア属 原産地:南アフリカ
英名:blushing bride (頬を染めたお嫁さん)
花びらに見えるのは苞
e0057640_11214910.jpg


※スキャナ、復活していません。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-08-11 11:23 | ボタニカル・アート 画材

モネの向日葵

学名 Helianthus annuus 科属名:キク科ヒマワリ属
Helianthus : ヒマワリ属 annuus : 一年生(草)の
Helianthus(ヘリアンサス)は、ギリシャ語の
「helios(太陽)+ anthos(花)」が語源。 ”太陽の花”の意味。
e0057640_10392187.jpg

昨日から、ボタニカルアートのレッスンに行くことにしました。
40年(?)ぶりにデッサンです。
油絵を少し描いていましたが、デッサンは苦手でいつも色で誤魔化していました。
どうなりますやら・・・。
さすが、ボタニカルアート。ただ絵を描くのではなくて、植物の学名、総称、葉や茎の成り立ちなども教えてくださって、興味深いです。
ただ、生徒さんが多すぎて(20人くらい)講師の目が行き届かない感が・・・。
新人は昨日で3回目の人、2回目の人、と私の初回。
「こういうふうに構図をとって・・・」と、デッサンの初歩を教えていただいただけで、後は途中、「モネの向日葵の雰囲気でてますよ」と声がかかって、時間。
講師の先生は先輩達の彩色のアドバイスで大忙し。こんなんで大丈夫かなぁ~。
私は全く初めてだったので、少しは聞けたけれど、2回目、3回目の人は声をかけてもらってたのかな~?って感じ。
まっ、好きに描いてアドバイスをしてもらいたいところだけ積極的にいくしかないかっ。

今日の画材はクレマチスというより、鉄線のほうがピッタリ来るような、テッセン。
モネの向日葵。普通(?)の向日葵。ベルガモット。
先輩達はさっさとテッセンをとっていた。モネの向日葵もイキのいいのは先に取られていて、残っていたのは一輪だけ。早く行っていたし、先輩達が花を選んでいたので、先に取っておこうかと思ったけれど、何しろ、初回なのでオトナシク、先生から説明を受けるまで待つことにしました。
次回からは「いい花トルゾ~」
この画材、初心者には難しかったらしく、先生曰く「初めてでモネの向日葵。忘れられない作品になるわね」ですって。
どんなの描いたの?って思うでしょ?残念!スキャナが故障しているみたいでPCが認識しません。またの機会に・・・。

※向日葵については、ゴッホは勿論、ゴーギャン、マティスの向日葵もあるみたいですよ。

  ♡ 今日は長男の32回目の誕生日です!おめでとう! 
[PR]
by CK_centaurea | 2007-07-07 11:08 | ボタニカル・アート 画材