さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

白虎隊

 何ゆえ今頃「白虎隊」なのか?
それは悪夢の携帯電話から始まった。「もしもし・・・」と、元気のない長男からの電話。「どうしたん?」と、私。
 先日、彼女のお祖父さまが、亡くなられたところ。また悪い知らせでも?は取り越し苦労だったけれど、ある意味、悪い電話(?)だった。始まったのだ!「AFCアジアカップ2007」がっ!
ワールドカップが始まれば、DVDレコーダー(を買う前はビデオレコーダー)が、占拠されていた。息子たちが出て行ってからは「やれやれ」と思っていたら、「マコトに申し訳ないのですが・・・」と録画の依頼。
 地デジ対応の、しかも狭い家なのに我が家よりも大きいTVを買い、DVDレコーダーも買ったはずなのに、「なんで?」「BS観れないから・・・」なんてこった!NHK総合や民放を録画するのは簡単だけれど、BSもWOWOWも録画がややこしい。何度か失敗している。ビデオレコーダーも接続したままだからなのか、ケーブルTVのせいなのか分からないけれど、DVDレコーダーの予約設定だけではなくて、ビデオの方も予約設定をしておかなければならい。それを、時々忘れたり、設定を間違えたりして失敗する。
それと、「白虎隊」がどういう関係なのか?そう、HDDデスクが満杯になってきたので、録画をするために空きを作らなければならなくなって、一回ダビングをしたら、HDDから消えてしまう録画もたくさんあるので、高速でDVDに移せば簡単に空きが作れるのだけれど、この際だからHDDデスクを整理することにした。
そこで、1番目からみていくとTV朝日の「新春ドラマスペシャル=白虎隊」だった。私は観ていないし、興味もなかった。確か長男が好きそうだと思って録画しておいたのを、長男もまだ観ていなかったのだった。
 DVDにダビングをしようと思って、せっかくなら暇だしCMを抜いておいてあげようと思って、作業をし始めた。早送りをしながら作業をするはずだったのに・・・えっ?白虎隊のはずなのに、何で現代の映像が?と思い、普通の速度で再生してみた。なんと、始まりは、歩道橋で地べた座りをして携帯メールをしている今どきの若者の姿。ちょっと、観ている間に、どんどん引き込まれていって、結局チャプターの小さい画面でCMを早送りしながら、全部を観てしまった。CMをぬく作業は画面を観ながら、ドラマとCMの区切りのところで決定ボタンを押していって、終わればチャプター一覧を見て、CMの部分を削除して、ドラマの部分を隣のチャプターと結合していくという地味な作業。こんな作業をしながら観ても結構はまってしまったのだから、CMのない画面で観ると、いかばかりだろう。あらすじなどは「新春ドラマスペシャル=白虎隊」のWebサイトを見ていただいたら分かるけれど、歴史的なドラマというものは、どちらの側に立って物作りをするか、どういう視点で物事を捉えるかで、その内容が大きく変わってくるものだと改めて思った。
いつの時代も、若者を戦場へ駆り立てるものは何なのか!?
 アフリカでの内戦では10代前半くらいの少年少女が、カラシニコフを抱えて戦場に駆り出されると、新聞記事で読んだことがあるけれど、何時の時代でも、どこの場所でも、いたいけない子供達を戦場に送り出すのは大人の責任である。
飯盛山で自死した白虎隊の少年達を美化する向きもあるけれど、これは時の大人たち、為政者の責任を目くらまししてるに過ぎないと私は思う。
 この「白虎隊」ではまってしまったのは、主人公とその友人の母たちの教育観の違いだろうか。
 一人の母は「藩のお役に立つために、よりよく生き、よりよく死ね」と教える。それ以外の生きる道はない。藩主のために命をかけて戦うとき、この世に未練を残さないように、心にかける人がいれば、死ぬに死ねないだろうからと、わざと冷たく厳しく子供を育てる。もう一人の母は、思う人が出来た息子に「お前の選んだ道なら母は応援する」といい、「待っているから帰っておいで」と、戦場に送り出す。
 皮肉にも、藩主のために命を差し出せと教えられた息子は生きて還り、待っている(生きて還れ)と云われた息子は飯盛山で自死してしまった。
 恥知らずとののしられるのを覚悟で生き延びて還った息子を抱きしめた母は、よく生きて還ったと息子を抱きしめる。教育観が違うとはいえ、その育て方は違うとはいえ、やはり子を思う母の気持ちは、やはり、変わるものではない。と、思えたことは救いであった。8月22日にDVD発売予定です。

e0057640_1814052.jpg BSではないのに、NHK大河ドラマもいまだに録画をしている。「それぐらい出来るでしょう」といったけれど、どうやら、ダビングだけではなくて、ケースのジャケットに目当てがあるらしい。なんだったけ?仲間由記恵がヒロインをしていた、大河、その前の分も、凝り性の私はジャケットまで作ってしまった。ので、結局、今年も大河とNHKスペシャル・新シルクロードの録画&コピーをする羽目に・・・。親ばかと笑ってください。
下の表はサッカーの放送予定日。
 
 昨夜、午前3:00~5:00の録画は神経を使いました。
 何しろ、試合は「イラン 対 ウズベキスタン」
 何故か、ウズベキスタンだのトルコ、クロアチア、バルト三国などが好きな長男。
日本 対 であってもこれらの国を応援する変わり者です。
[PR]
by CK_centaurea | 2007-07-12 18:16 | 映画・DVD・TV・演劇