さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「殯(もがり)の森」

 河瀬直美監督「殯(もがり)の森」が、カンヌ映画祭で最高賞パルムドールに次ぐグランプリに選ばれた。「殯の森」は、グループホームを舞台にした認知症の老人と介護士の女性の物語。
 
 今日、早くもNHKBSハイビジョンで放映された。
 ‘生と死’という重たいテーマ。そして、すご~く、地味な作品。精神性の高い映画である。奈良の里山の風景がとても美しく、新緑の茶畑が目に染みる。そして、ゆっくりと時間が流れていく。
 河瀬監督も受賞後コメントをしていたけれど、わたし達が見失っているものが、この映画の中にたくさん詰まっているように思うし、この映画がグランプリに選ばれたということは、世界の人もそれを欲しているのだという気がした。
 昨夕の朝日新聞に、「『殯』とは、遺体を安置した場所で死者を思う本葬までの期間のこと。」と、あったが、映画のラスト、エンドロールが流れる前に、こう書かれてあった。

e0057640_23401541.jpg殯(もがり)
敬う人の死を惜しみ、
しのぶ時間のこと。
また、その場所の意。
語源に「喪あがり」  
喪があける意、か。

                                    写真は「殯の森」公式サイトより
[PR]
by CK_centaurea | 2007-05-29 23:23 | 映画・DVD・TV・演劇