さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クリスマスを迎えるために・・・


今日から待降節(アドベント)です。
降誕祭までの間、クリスマスを迎えるためのアレコレを綴っていきます。

Crib(クリブ)にまつわる話 その1
e0057640_22141564.jpge0057640_22143122.jpg
2003年、ローマのサンタ・マリア・マッジョーレ教会(だったと思います)の中の小さな小さなショップで見つけました。
これをクリブと呼んでいいのかどうか?ですが、私の中では範疇にいれています。
メダイや十字架、ロザリオなどが比較的お手頃価格で売られていたショップの中で、ガラスケースの中に入っていたこの飾り物はちょとお手頃とはいい難かったのですが、一目惚れ・・とでもいいましょうか、これは私のところにくるもの!そんな感じでもとめました。
こんな小さなショップではカードは無理?かも・・と思い、ユーロは少額しか持っていなくて、同行されていた神父さまに立て替えていただいた後で、カードが使えたとわかって残念!おかげでホテルでの両替でチョッピリ損をしました。でも、立て替えていただいたお陰で今は我家に・・・。
「どうしているかなぁー、神父さん。異国の地で元気にしていらっしゃるでしょうか?」

閉じた状態では手のひらにのるほどの大きさです。説明書には次のように書いてあります。

e0057640_22221921.jpg
The re-dimensioned new 2001 ANRI small size TRIPTYCH was created in a limited edition of just 2001 pieces world wide. This precious Triptych is entirely made out of pear wood, fine carved and hand painted by the renown master artisans of ANRI.

e0057640_22234144.jpg
新しい三枚続きの見開き式のアンリ2001小型ご降誕図画像は、限定制作されたもので、世界中で2001台しかありません。この貴重なご降誕図画像は全て梨の木が使用されていて、アンリ工房の著名な芸術家によって細密に彫刻されまた手塗りされたものです。




アドベント (あどべんと:Advent)
  12月25日の4週間前の日曜日から24日までの期間をアドベント(待降節)と呼びます。
  この頃からクリスマスに向けて本格的に準備を始めます。
「アドベント」には、「到来」、「接近」、「出現」などの意味があります。
キリスト教においてアドベントの期間は、イエス・キリストの第一の来臨(降臨)と、
第二の来臨(再臨)を祝うクリスマスの大切な行事となっています。
また、アドベント・カレンダーなどを作ったり買ってきたりして「クリスマスまであと○日だね」 という具合に、「カウントダウン」を楽しんだりします。

クリスマスまでの日にちを指折り数えて待つ。日本でいえば、早くお正月が来ないかなと
「もう、い~くつね~る~とぉ、お~しょ~お~がぁ~つぅ~」と歌いつつ、新年を迎える 準備を整えていく。そんな気分と似ていますね。(クリスマス語辞典より)


クリブ (くりぶ:Crib)

キリストの生まれた馬小屋の模型のことをクリブといいます。
馬小屋の中にはイエス、マリア、ヨセフと、イエスの誕生を祝うために東方からやってきた 3人の賢者(新約聖書では「占星術の学者」と表現されています)、羊飼い、羊、牛、らくだ などの動物の人形を木や粘土、藁細工などで作って飾ります。

また、この飾りはクリブ、クリッペ、ベレン、クレシュ、マンガーシーンなど様々な名前でも 呼ばれています。

クリブは、クリスマスの期間中、ロウソクをともして飾られます。
この習慣は、13世紀に聖フランシスが始めたとされていますが、8世紀にはローマの教会の中で 飾られていたともいわれています。(クリスマス語辞典より)

[PR]
by CK_centaurea | 2005-11-27 22:32 | クリスマス