さもない日々の暮らしの中で ・・・  danslavie.exblog.jp

さもない日常の中で、出合ったこと、気になること、感じたこと・・・。


by CK_centaurea
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ねがい

  11月7日のNHKのニュース番組「おはよう日本」で、広島の大洲中学校で生まれた〝ねがい〟という歌のことが紹介されていました。
  この歌は2002年に生まれた歌で、歌詞は4番までありましたが、「ねがい5番を作詞しましょう」というよびかけに応えて、今では255の歌詞が世界から集まっているという、すばらしい歌であり、企画です。
  チェルノブイリ原発で被災したウクライナの歌手ナターシャ・グジーさんも歌声祭典で歌っている様子が映し出されていました。
  この〝ねがい〟のことは〝広島から発信する平和〟というホームページに、詳しく載っていますが、歌詞がすばらしいし、こんな風に考えている中学生がいることを知っていただきたいので、ここにご紹介します。255番までHPに載っています。


この歌「ねがい」は、9.11のテロ攻撃への深い衝撃と悲しみから生まれました。あの恐るべき破壊行為、その後の報復攻撃は憎しみ以外のなにものでもありません。本当の平和は、相互理解、尊重、信頼からなるのを知らねばなりません。そのためには非暴が一番相応しいと、広島市の中学生が平和宣言を発表。その宣言文に映画「カンダハール」のモフセン=マフマルバフ監督のメッセージが加えられたものです。「21世紀、ヒロシマで生まれたイマジン」として、広島の中学生の平和のための小さな活動、これが今、「ねがい」という曲になったのです。(「広島から発信する平和」HPより抜粋)


     ねがい

1.もしもこの頭上に 落とされたものが ミサイルではなく 本やノートであったなら  
  無知や偏見から 解き放たれて  きみは戦うことを やめるだろう

2.もしもこの地上に 響きあうものが  爆音ではなく 歌の調べであったなら
  恐怖や憎しみに 囚われないで  人は自由の歌を うたうだろう

3.もしもこの足下に 植えられたものが 地雷ではなく 小麦の種であったなら
  飢えや争いに 苦しまないで 共に分かち合って 暮らすだろう

4.もしもひとつだけ ねがい 叶うならば 戦争捨てて 世界に愛と平和を
  このねがい叶うまで 人類(わたしたち)は 歩みつづけることを やめないだろう

[PR]
by CK_centaurea | 2005-11-08 18:37 | 映画・DVD・TV・演劇